少年野球 バッティング上達法

少年野球バッティング上達はたった3つのポイントで打率アップできます 

少年野球、楽しいですね。

 

たとえ打てなくても、足が遅くても、たまにエラーしても、一生懸命やっている子供の姿を見られればいい。

 

でも、ヒットを打って喜ぶ顔が見たい、正直そう思う。

 

自分は野球をやっていなかったけれど、体を動かす事は大好き。
子供とキャッチボールをする事がとても楽しい。

 

自分がバッティングを教えてやれれば・・・

 

こんなお父さんもいます。

 

お子さんが野球をしている様子を見ているお父さん。
お父さんは野球経験はないですが、バッティングセンターに通うことは大好きです。

 

子供とふたりで、バッティングセンターで快音を響かせたい。
そんな思いを持ちながら、子供がベンチに座っている様子は見ていられません。

 

生まれつきなのかなあ、運動神経なのかなあ…
レギュラーを取って欲しい、そう思いながらも何もできない。

 

 

もうひとりのお父さんのお子さんはレギュラーです。
レフトで7番を打っています。

 

でも、時々交代させられます。いざという時にタイムリーが
打てない、フライを上げてしまう、凡打に終わる…
残塁シーンはもう見たくない。なんとかならないか。

 

スポーツマンのお父さんなら、なんとかしたいですよね。

 

お父さんがマンツーマンでコーチが出来ればその目標が叶うとしたらあなたはどうしますか。

 

そんなに簡単には行かないよ。

 

でも、たった3つのポイントを指導するだけなんです。

 

たった3つ。野球経験がないお父さんでも教えられるその3つのポイントとは・・・・

 

野球経験があるお父さんなら、数多くの知識や経験から「3つ」を選んで教えてあげるだけ・・・・

 

それなら、出来るかも!お子さんの快音を聞きたくないですか?、喜ぶ顔を見たくないですか?

 

たった3つの指導法について詳しくはこちらをご覧ください

 

  >>少年野球の正しい指導法コーチ法

少年野球でレギュラーを取りたい、定着したいそんなお子さんの夢を叶えるには

野球がとても人気がありますね。
高校野球からプロ野球まで、サッカーに負けない観客動員数です。

 

そんな野球選手に憧れる野球少年も毎年増えています。
少年野球が大人気で、家族ぐるみで応援する光景もよく見ます。

 

少年だけでなく、女の子にも人気ですね。
どこの野球チームもチーム員がいっぱいです。
レギュラー争いも大変そうですね。

 

ジュニアベースボールもいろいろなトレーニング方法があります。
メインはやはりバッティングでしょうか。

 

レギュラーになるためには、やはりバッティングが重要ですね。
守備力が同じぐらいだったら打率のいい選手がレギュラーになりそうです。

 

バッティングがよければ、守備が少々下手でも代打という手がありますからね。
野球は塁にでること、そのためにはヒットを打つことがチームに貢献することですね。

 

打てる選手は、チームメイトや監督の信頼も得られます。
打てるようになると、次の試合も打ちたくなるので、バッティング練習をするようになりますから、ますます打てるようになります。

 

 

どうすればバッティングが上手になるのでしょうか?

 

お子さんにバッティングを教えられたらなあ・・・と思いませんか。

 

本屋さんに行けば、バッティング上達の本がたくさんありますね。
でも、元プロ選手が書いた本がお子さんに当てはまりますか?

 

名選手は名監督にあらず。こんな言葉がありますね。
野球経験者が、少年野球のバッティング指導も出来るとは限りません。

 

少年野球の指導は、少年野球の指導経験が豊富な人に教えてもらうことが近道のようです。
それは、小学生や中学生のバッティングのコツを知っているからです。

 

子どもたち相手に難しいことを教えません。

 


子どもたちに理解できる言葉で、誰にでもできることをしっかり教えます。

 

小学生や中学生のバッティングのコツについて詳しくはこちらをご覧ください

 

     >>少年野球の正しい指導法コーチ法

少年野球の指導は、プロの指導者のアドバイスで上達します

経験豊富な少年野球専門コーチは、たった3つのポイントしか指導しません。

 

コーチはたくさんの知識と経験を持っていますが、その中から
小学生に必要な知識だけを指導します。

 

たくさんの知識を教えても消化不良になるばかりです。

 

お子さんが自信を持って試合に出かけていく様子が見たいと思いませんか。
バッターボックスに立って目を輝かせているお子さんを見たいと思いませんか。
そして、お父さんの言うとおりにプレーしたら、大活躍できた!
親子で練習した成果を確認したいと思いませんか。

 

たった3つのポイントとはいったい何?

  1. ボールをとらえる●●●●●を教える!
  2. バット●●●●の正しい●●を教える!
  3. 何より大事な●●●●して●●を教える!

 

この3つのポイントなら野球経験の無いお父さんでも教えられそうですね。

 

お子さんが自信を持って練習や試合に行けるように、3つのポイントを指導してあげましょう。

 

たった3つの指導法について詳しくはこちらをご覧ください

 

     >>少年野球の正しい指導法コーチ法